ruiyuan.com's Blog

Ruiyuan は電子、通信向けに金属部品などを製造する(中国、日本、ドイツ、アメリカ)リーディングカンパニーです。弊社は中国の江西鹰潭で1996年に設立し、お蔭様で現在は江西鹰潭に本社及び工場を、深圳に支社を有し、800名の熟練した従業員を抱えるまでに成長致しました。

子供の頃には、美しい思い出がたくさんある。

子供の頃には、美しい思い出がたくさんある。 大人になっても決して忘れられない。 今日は、子豚飼っていた思い出を皆さんに伝えます。 十歳位の時に、子豚を飼っていた。ほかの人にはおかしいと思われていた。 子豚は汚くて面倒な動物だった。でも私にとっては、いい友達でした。 目は小さくて、誰も見えないようだ。大きい耳はまるで扇子みたい。 鼻は二つ穴があって、いつもあちこちで食べ物を見つける。 特に口は一番可愛い。まずい食べ物でもおいしい食べ物でも全部食べてしまう。 白くて綺麗な体にするために、子豚にシャワーを浴びせてあげた。 いつも一人で寂しがるから、子豚小屋は私のベッドの下に用意してあった。 夜になると、いつもすぐに寝た。たまに甘える声を出していた。 その声を聞いていて、私も安心して寝た。 でも、朝の時はいつも目覚まし時計みたいだ。六時ごろに起こされた。 私のベッドのそばで騒しくして、いい夢を見ている私の目を覚まします。 「外で遊びたい。」と言っている様だ。 「しょうがないな。」夢遊状態の様な私は子豚のためにドアを開けてあげた。 子豚がだんだん大きくなったので、母は子豚小屋を変わらせた。 学校が終わった後は、まず子豚を見に行った。 おいしい食べ物をあげたり、話しをしたりした。 でもますますおおきくなってから、私の生活から離れた。 ある時、子豚について作文を書いた。先生はこの作文をたいへん気に入りました。 「いきいきした描写をしている。」と褒められました。 嬉しかったけど、心の奥でなんだか悲しい感じがした。 懐かしい、可愛い子豚だ、私の大好きな友達だった。


http://www.eigenchina.com/



×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。